中国商標:直接出願とマドプロ出願のメリット・デメリット

 中国は、マドリッドプロトコルの加盟国ですので、マドプロ出願を選択することが可能です。しかしながら、中国においては、マドプロ出願はメリットよりもデメリットが大きいとして、一般的には直接出願が推奨されています。

 マドプロ出願と直接出願は、それぞれ以下のようなメリット・デメリットがありますので、これらをご参照の上、状況に応じてどちらか最適な出願方法を選択いただくことになります。

(1)直接出願

メリット:

  • 中国の審査基準に沿って、指定商品・役務の表示を整えて出願しますので、Office Actionを受ける可能性が低くなります。
  • 登録後に商標登録証が発行されます。

デメリット:

  • 出願時から現地代理人費用がかかります。
  • 中国の審査基準は頻繁に改定されるため、Office Actionを受ける可能性をゼロにする(全くOffice Actionを受けない)ことはできず、指定商品・役務の表示を理由とした中間応答が必要になる場合があります。

(2)マドプロ出願

メリット:

  • 出願時の現地代理人費用がかからず、他の指定国と合わせて一元管理ができます。
  • 指定商品・役務の表示を英語で記載するため、中国商標局の審査において、指定商品・役務の表示が厳しく審査されず、そのまま登録になる場合があります。

デメリット:

  • 指定商品・役務の表示を厳しく審査しないことで、指定範囲が曖昧になり、非類似と思われる商品・役務を指定した登録商標が引用されて、拒絶される場合があります。
  • マドプロ出願による登録商標と同一・類似の商標が中国に直接出願された場合に、マドプロ出願による登録商標が先行商標として引用されずに、直接出願の商標が登録されてしまうケースが多く見られます。この場合、異議申立や無効審判等で商標登録を取消し・無効にする必要があり、膨大な費用がかかります。
  • 商標登録証は発行されません。中国では、事業展開する際に登録証の提示が必要になる場合があるため、別途「国際商標登録証明」の発行を申請する必要があります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。